ユニフォームのポイント

介護施設向けユニフォームを買う時に注意しておくこと

今は簡単にWEB上で服を買える時代になりました。介護ユニフォームもそのひとつです。 そこで、介護ユニフォームを購入するときに注意しておきたい点をいくつかご紹介したいと思います。 その介護施設にあったものを買う事。 施設によりユニフォームというものはほとんどの場合、決まっております。職種によって色分けしていたりすることが多いので、前もって施設のルールを確認して誤った物を買わないように注意しましょう。 素材は化学繊維ではなく木綿が望ましい。 介護スタッフのユニフォームは動きやすくて丈夫である事が大前提です。何度も洗濯をしますのでしっかりとした作りのものを選びましょう。また、多くの高齢者の方と接することになりますので、素材にも気を配った方が良い場合もあります。

洗い方や扱い方について

施設では多くの方と接することが多いと思います。汚れることも多いですし、感染症の方もいらっしゃいます。そこで、しっかり覚えていただきたいのが洗濯方法です。 感染症にも色々種類があります。高温で殺菌できるもの。塩素で殺菌できるもの。そのまま普通に洗濯して大丈夫なもの。さまざまです。 中には驚異的な感染力を持っている菌も存在しますので、出来れば、他の洗濯物とわけて洗う事をオススメします。そして正しい方法で洗濯することを心がけましょう。 サイズ感についてですが、メーカーによって多少の違いがあると思います。介護施設では機能性を重視いたしますので、ぴったりとしたサイズの物を選ぶより、気持ちゆとりのあったサイズを選ぶ方が良いでしょう。あまり大きすぎるサイズもNGですが、ぴったり過ぎるサイズのユニフォームを着用しながらの業務は介護施設には向かないことでしょう。