介護能力

資格を得る際に注意するべき点

介護の知識や技術を身につける際に、以前はホームヘルパーや介護職員基礎研修などの資格がありましたが、現在は介護職員初任者研修に変更になりました。そのため、過去にホームヘルパーの講習を受けたことがある人は、自動的に介護職員初任者研修を修了したとみなされます。 介護職員初任者研修は初心者向けとなっており、誰でも受講することが可能となっています。 介護の仕事は資格がなくてもできますが、各介護事業所ではサービスの質の向上を目指す上で資格が重要視される傾向にあります。 国家資格としては介護福祉士がありますが、国家試験を受験できるのは、指定された養成機関を卒業しているか、3年以上実務経験がある人に限られているので注意が必要です。

介護福祉士試験を受ける上で知っておくと良い情報

近年では介護の資格制度に色々な変更がありますが、これは今まで介護に関する資格がたくさんあって複雑だったため、わかりやすくスキルアップできることを目的として改正されています。 介護福祉士の国家試験においても変更点があり、平成27年度からは新たに受験資格として実務者研修が加えられることになりました。実務者研修は定められた合計450時間の講習を受けることが義務付けられていますが、他の研修を受講したことがある人に関しては受講の一部が免除されます。免除される講習時間は研修内容によって異なりますが、例えば過去に介護職員初任者研修を受講したことがある人は合計50時間の講習となります。実務者研修を修了しないと国家試験を受けられないので注意が必要です。